JBETポーカー

JBETポーカー

JBETポーカーについて、解説していきたいと思います。

JBETポーカーとはポーカーをメインにしたオンラインカジノで
もちろんポーカーで有名です。
海外サイトなのですが、24時間対応の日本語サポートもありますので
不自由なく、楽しく遊べます。

こちらのJBETポーカーで入出金する方法としては
・Neteller(ネッテラー)
・webanq(ウェバンク)
・skrill(スクリル)

といった3つが一般的です。
この中で好きな口座を開設し、それらを経由して
お金を引き出します。

ポーカーというと5枚のカードを配られて
その中から交換するカードを選んで役を作るのが
一般的ですが、JBETポーカーでは違います。

日本では当たり前のこのルールですが、実はこのルールは
世界では通用しないのです。
「5カードポーカー」と呼ばれているこのルールは
主に日本だけで採用されていて、海外では「テキサスホールデム」といった
ルールで進行していきます。

このテキサスホールデムポーカーがどう違うのかというと
日本では最初に5枚配られるのとは違い、
最初に2枚だけしか配られません。

そこで配られた2枚のカードをさっと見て、勝負するのかどうかを判断します。
勝負する場合はチェック、レイズ、コールのいずれか言います。
そのまま勝負しないのであればフォールドをします。

その後テーブル中央に3枚、カードが置かれます。
それらが表にされたところで、再度判断をします。

これを繰り返して最終的に手札の役が一番強い人が勝ちになります。
このゲームで重要な点は駆け引きです。

表情やペース、しぐさなどを伺い、相手の手札を予想します。
ここが勝負の分かれ目で、テキサスホールデムポーカーの面白い点です。

ただオンラインポーカーの場合は表情やしぐさなどを伺うことはできません。
顔が見えないので普通はわからないのですが、オンラインの場合でも
画面の向こうは人間なので、様々な細かい点から相手の表情が予想できます。

例えばわざと切るのを悩んだり、すぐに判断をして強気な印象を与えたり
など様々な細かい点で駆け引きができるのです。

こういった部分はオンラインでも対面のゲームでも同じといえます。

ポーカーは運の要素もありますが、スキルが重要だと言われています。
あなたの経験スキルによって相手を翻弄し、稼ぎ続けることもできるのです。

このテキサスホールデムポーカーでのルールは
以前は日本でもあまり見かけませんでしたが、
最近は外国人が増えてきたからか、徐々に浸透してきています。

主にBARなどでポーカーをする場合は
国際ルールのテキサスホールデムポーカーで遊びながら
お酒を飲めるといった場所が増えてだんだんと流行ってきているように感じます。

JBETポーカーではそんな国際ルールを学べます。
本当のポーカーを覚えて楽しくBETできるようになります。

また、JBETポーカーはオンラインポーカーでも
コンピューター対戦ではなく、オプレイヤー同士の戦いという魅力があります。
リアルタイムで画面の向こうの人物とリアルマネーをかけて対戦するには
とても面白いですし、ワクワクします。

日本にいながらにして世界を相手にポーカーで稼げるというのは
魅力的です。無料のカジノゲームのプレイヤーもぞくぞくと、
JBETポーカーに移動してきています。

他のオンラインカジノではライブカジノは確かにあるのですが、
そういったところはディーラーと勝負するタイプなので、
個人対戦ではありません。

駆け引きに慣れてきたら、ぜひ挑戦してほしいゲームです。


JBETポーカー公式サイト